初めての利用

キャッシングの審査が甘いかどうかは個別の状況による

キャッシングを申込む時には、審査基準が非公開となっているために、甘いか辛いかを予想して申込先を選ばなければなりません。

何となく印象だけで選んでしまうと、余程信用履歴に自信がある人以外は審査落ちする可能性があるわけです。

カードローン商品ごとの違いを把握することが重要となるでしょう。

金融業者のサイト上に簡易審査があれば利用しよう

キャッシング先を検討する際に審査基準を判断する参考となるのは、金融業者がカードローン商品ごとに行っている簡易審査や仮審査という制度を利用してみることです。

正式に個人情報を記入して申込む本審査とは異なり、簡易審査では個人情報を使わないので、同じ条件で申込みを行った人ならば審査通過出来るかという点のみで判定を行います。

 

年収や勤続年数と他社借入件数・借入総額といった基本的な項目を数値化して判定する簡易的なスコアリング審査が行われるので、簡易審査の結果は数分から数秒で送られて来るでしょう。

全く同じ条件で簡易審査を受けても、金融業者やカードローン商品ごとに結果が異なるので、何度か条件を悪くして試すと審査が甘いと予想出来る可能性があります。

 

簡易審査に通過出来ても、正式に申込みを行った時に審査落ちする可能性が有る点には注意しなければなりません。

なぜなら、本審査では個人信用情報機関へ信用情報照会を行った上で判断がされるからです。

消費者金融への申込みは審査基準に総量規制が追加されます

キャッシング先として独自の審査基準を持ち、柔軟な審査に定評がある消費者金融ならば、審査が甘いと考える人も多いでしょう。

しかし、消費者金融の審査では、個人信用情報機関へ信用情報照会が行われた段階で、総利用規制による制限を受ける点に注意しなければなりません。

 

貸金業法で定められた総利用規制は、多重債務者を出さないために借入総額が年収の1/3以内となるように制限するものです。

いくら年収が多く返済能力が十分にあっても、既に借入総額が年収の1/3に到達していれば銀行カードローンの審査に通っても消費者金融の審査には落ちてしまいます。

キャッシングの審査が甘いかどうかという判断は、消費者金融においては少なくとも総量規制には抵触しないことを確認した上で行なう必要があるわけです。

 

総量規制に抵触する可能性は、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行なうことで自分でも判断出来ます。

審査の柔軟性を予測する場合には、銀行カードローンは総量規制対象外となっているので、銀行と消費者金融は別々に考える必要があります。

関連記事

  1. 初めての利用

    銀行のカードローンと消費者金融のカードローンはどのように違うの?

    カードローンと一口に言っても銀行と消費者金融があり、利用したことがない…

  2. 初めての利用

    消費者金融でキャッシングをした時に返済方法で注意したい3点

    キャッシングをする時は金欠の状態になっている事が多いので即日融資に対応…

  3. 曜日

    カードローンを使い土日にお金を借りるためには

    「急にお金が必要になってしまった。」「もう少しお金があると余裕…

  4. 手続き

    キャッシングをする時に収入証明書の提出が不要になる条件は?

    大手銀行のカードローン、ネット銀行のカードローン、大手の消費者金融など…

  5. 初めての利用

    安全に即日キャッシングをする事が出来るおすすめの消費者金融3選

    交友関係が広い人は出費も多くなってしまうので生活費が足りなくなってしま…

  6. 初めての利用

    キャシング申込み後に職場への電話なしで審査を通過させる方法があります

    キャッシング申込みを行なうと、本人確認電話が掛かってきた後で、最終的に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 初めての利用

    モビットのWEB完結申込を利用する3つのメリット
  2. 初めての利用

    キャッシングは女性専用だと何が違うの?
  3. 初めての利用

    最短30分でお急ぎ審査も可能なアイフルなら急いでいるときも安心
  4. 初めての利用

    即日キャッシングは土日でも大丈夫?スムーズに申し込みする方法!
  5. 初めての利用

    銀行カードローンで即日融資を受ける時の3つの注意点
PAGE TOP