手続き

キャッシングの金利は利息制限法の範囲内で自由に設定される

キャッシング契約を行なう際には、金利設定を忘れずに考慮する必要があります。

審査通過を優先するのか、低金利で借り入れすることを優先するか決めておかなければ、不満を持ったまま返済を続けることになりかねないからです。

消費者金融は金額に応じた利息制限法ギリギリの金利設定がされている

キャッシング先として消費者金融を選んだ際には、金利は利息制限法の範囲内で定められているものの、上限金利ギリギリというケースが大半を占めます。

 

利息制限法では、10万円以上100万円未満の貸付に対して年18%を上限金利とし、100万円以上であれば年15%を上限金利に設定しています。

段階的に上限金利を下げることにより、利息額が大きくなりすぎないように調整しているわけです。

最も借入額が少ない10万円未満では、年20%が上限金利となっていますが、そもそも借入額が少額ですから利息額は返済を続けている限りさほど大きくなりません。

 

消費者金融へ申込みを行なう理由として、設定されている金利よりも審査通過を優先している事情があります。

消費者金融で行われている審査は、独自の基準により各社が判断しているので、大手消費者金融の審査に落ちても中小消費者金融では通過することがあるわけです。

銀行カードローンは最初から利息制限法に抵触しない金利設定

銀行カードローンの金利設定は、最初から年15%未満に設定されているので、利息制限法が定めている法定金利に対して抵触しないことが分かっています。

しかし、なぜ消費者金融よりも低金利で銀行が融資出来るのか不思議に思っている人も多いでしょう。

 

銀行カードローンが低金利融資を出来る理由として、銀行は損をしない仕組みが採用されているからです。

銀行カードローンを契約するためには、指定保証会社の審査に通過して保証契約を結ぶ必要があります。

保証会社として銀行から指定されている会社は、銀行傘下に入っているか提携を結んでいる信販会社や消費者金融が担当しています。

 

銀行カードローン契約中に債務者が長期延滞を行なうと、銀行は保証会社に対して代位弁済を求めます。

貸し倒れリスクを負担するのは、最初から保証会社の役割であって、銀行は貸付資金を出す役目です。

銀行自体が一切損をしない仕組みがあるからこそ、最初から利息制限法に抵触しない低金利融資が可能となるわけです。

 

保証会社としても貸し倒れリスクをそっくり負担することになるので、保証料で賄える範囲内まで審査基準を厳しくする必要があるでしょう。

関連記事

  1. 初めての利用

    派遣社員がキャッシングにお申し込みする際に押さえておきたいポイント

    キャッシングを希望している方の中には派遣社員の方もいらっしゃるでしょう…

  2. 初めての利用

    安全に即日キャッシングをする事が出来るおすすめの消費者金融3選

    交友関係が広い人は出費も多くなってしまうので生活費が足りなくなってしま…

  3. 初めての利用

    キャッシング利用時に郵送なしにする方法はシンプルです

    キャッシング契約を行った後で、実際に借り入れを行なう際には、法律により…

  4. 初めての利用

    最短30分でお急ぎ審査も可能なアイフルなら急いでいるときも安心

    カードローンでお金を借りたいというこきに、事情があってできるだけ早く審…

  5. 初めての利用

    キャッシングは女性専用だと何が違うの?

    リスクや世間体の問題からかつては女性の利用者が少なかったキャッシング。…

  6. 手続き

    キャッシングをする時に収入証明書の提出が不要になる条件は?

    大手銀行のカードローン、ネット銀行のカードローン、大手の消費者金融など…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. その他

    キャッシングの申し込みはスマホ完結が便利
  2. 初めての利用

    派遣社員がキャッシングにお申し込みする際に押さえておきたいポイント
  3. 手続き

    パート主婦がキャッシングを利用するときに気をつけたいポイント
  4. 初めての利用

    キャッシング先選びには比較項目の数が多いほど自分に合った申込先を選べる
  5. 初めての利用

    キャッシング利用時に郵送なしにする方法はシンプルです
PAGE TOP