初めての利用

キャッシング利用時に郵送なしにする方法はシンプルです

キャッシング契約を行った後で、実際に借り入れを行なう際には、法律により貸付明細票の交付が行われなければなりません。

貸付条件と金額を具体的に明示することにより、利息制限法を遵守した正規の貸付が行われていることを証明することになります。

しかし、自宅へ後日郵送されてくる利用明細票が届くと困る人もいるでしょう。

 

特定の条件を満たせば、利用明細票の郵送なしに出来ます。

WEB明細の利用を申告すれば利用明細郵送なし

キャッシングを行なう際に交付が義務付けられているのは、貸付条件明示書ですから必ずしも紙の形で郵送しなければならないとは限りません。

なぜなら、WEB明細で常に本人が確認出来る状態ならば、交付方法は問われていないからです。

 

インターネット接続環境が全ての家庭にあるわけでは無いので、基本的にWEB明細利用は本人による自己申告が必要となっていますが、金融業者としても郵送費用を掛けずに済むので積極的にWEB明細を勧めています。

WEB完結申込み出来るカードレスキャッシングならば最初から郵送なし

カードローンの中には、最初から専用キャッシングカードを発行しない振込融資専門のカードレスキャッシングをWEB完結申込み出来る仕組みを採用している会社があります。

全てがWEB完結出来るならば、専用会員サイトへアクセスして自ら利用明細票を確認することが可能です。

なぜなら、振込融資を受ける際にも会員サイトへのアクセスが必要となるので、同じ会員サイト内にある利用明細票を確認出来ないとは考えにくいからです。

 

WEB完結申込み出来るカードレスキャッシングを最初から利用すれば、自宅への郵送物を無くすことが出来ます。

滞納発生時には督促状は郵送されてしまう

WEB明細を利用していても、郵送なしとはならないものが例外的にあります。

キャッシング返済日を過ぎてしまった時には、自宅へ督促状が郵送されるので、督促状を止めることは出来ません。

 

滞納を発生させない限りは、自宅へ郵送物が届くことが無いので、滞納を防ぐことが唯一の方法となります。

口座振替にしていても、何らかの理由で返済額が引き落とされなくなる可能性があるので、確実に滞納を防ぐためには面倒でも専用キャッシングカードによる手動返済を行なうことが大切です。

 

自分で約定返済日を忘れないようにすれば、システム上の問題により滞納とならずに済むので、家族に内緒で借り入れを行なうならば自分で全て管理出来るように工夫することが重要となるでしょう。

関連記事

  1. 手続き

    パート主婦がキャッシングを利用するときに気をつけたいポイント

    キャッシングを利用してお金を借りようと思ったときに気になることといえば…

  2. 手続き

    キャッシングをする時に収入証明書の提出が不要になる条件は?

    大手銀行のカードローン、ネット銀行のカードローン、大手の消費者金融など…

  3. 初めての利用

    銀行のカードローンと消費者金融のカードローンはどのように違うの?

    カードローンと一口に言っても銀行と消費者金融があり、利用したことがない…

  4. 曜日

    カードローンを使い土日にお金を借りるためには

    「急にお金が必要になってしまった。」「もう少しお金があると余裕…

  5. 初めての利用

    モビットのWEB完結申込を利用する3つのメリット

    モビットは三井住友グループの傘下に入っている大手の消費者金融なので利用…

  6. 初めての利用

    銀行カードローンで即日融資を受ける時の3つの注意点

    銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されているため審査が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. その他

    キャッシングの申し込みはスマホ完結が便利
  2. 手続き

    キャッシングの審査では在籍確認の電話連絡なしが可能です
  3. 初めての利用

    キャッシングの審査が甘いかどうかは個別の状況による
  4. 初めての利用

    モビットのWEB完結申込を利用する3つのメリット
  5. 初めての利用

    消費者金融でキャッシングをした時に返済方法で注意したい3点
PAGE TOP