初めての利用

銀行からのキャッシングは消費者金融と異なる

キャッシングを行なう際には、金融業者により適用される法律が異なるだけでなく、制度そのものの違いを理解しておく必要があります。

なぜなら、必要としている借入金を用意できるかどうかは、利用限度額にかかっているからです。

銀行カードローンならば返済能力が重視される

キャッシング先に銀行を選んだ場合には、カードローン契約を行なう必要があります。

消費者金融とは異なり貸金業法による影響を受けないので、あくまでも本人の返済能力を慎重に審査した上で、融資判断が行われるわけです。

 

総量規制対象外ですから、年収の1/3を超える借入も審査次第では可能となるので、複数の金融業者から借入を行わなくても、必要額を借入しやすくなります。

しかし、必ずしも審査に通過するとは限らず、利用限度額設定も信用履歴と年収から厳密に判定されるので、人により消費者金融よりも審査が厳しいと感じるケースがあるでしょう。

低金利でキャッシング可能な仕組みがある

銀行からのキャッシングは、多くの場合で年14%台以下の低金利が一般的です。

一方、消費者金融では年18%近くの金利が設定されているので、少なくとも3%以上の金利差が生まれています。

なぜ銀行カードローンは低金利で融資出来るのか不思議に思う人もいるでしょう。

 

銀行カードローンの申込み手続きを知れば、保証会社の存在が鍵になることが分かります。

銀行カードローンの審査に通過するためには、銀行が指定した保証会社との保証契約を締結出来ることを条件としているわけです。

万が一長期延滞を起こしたとしても、銀行は保証会社に対して代位弁済請求を行えば貸付金全額を回収出来るので損をしません。

 

銀行にとってはリスクを負担することが無い仕組みがあるので、低金利融資を行なっても元が取れます。

銀行選びは保証会社に注意しよう

銀行カードローンを利用する際には、実質的な審査を保証会社が行なうことになるので、どの保証会社が担当しているのか事前に調べておく必要があります。

なぜなら、保証会社として参加している会社は、銀行傘下に入っているか提携関係にある信販会社や消費者金融が指名されているので、過去に該当する信販会社や消費者金融との間でトラブル経験があると審査落ちするからです。

銀行カードローンの申込み前には、必ずどこの保証会社が担当していて、過去に保証会社を担当している会社と取引を行なった履歴が無いか確認しておかなければなりません。

 

また、別の銀行カードローンへの申込みであっても、同じ保証会社が担当していると審査落ちの原因となるので、複数の銀行カードローンへ申込みする際にも保証会社については調べておく必要があります。

関連記事

  1. その他

    キャッシングの申し込みはスマホ完結が便利

    キャッシングの申し込み方法はインターネット申し込みが便利ですが、パソコ…

  2. 初めての利用

    モビットのWEB完結申込を利用する3つのメリット

    モビットは三井住友グループの傘下に入っている大手の消費者金融なので利用…

  3. 曜日

    カードローンを使い土日にお金を借りるためには

    「急にお金が必要になってしまった。」「もう少しお金があると余裕…

  4. 手続き

    キャッシングの金利は利息制限法の範囲内で自由に設定される

    キャッシング契約を行なう際には、金利設定を忘れずに考慮する必要がありま…

  5. 初めての利用

    派遣社員がキャッシングにお申し込みする際に押さえておきたいポイント

    キャッシングを希望している方の中には派遣社員の方もいらっしゃるでしょう…

  6. 初めての利用

    キャッシングの審査が甘いかどうかは個別の状況による

    キャッシングを申込む時には、審査基準が非公開となっているために、甘いか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 手続き

    キャッシングの審査では在籍確認の電話連絡なしが可能です
  2. 初めての利用

    キャッシングの審査が甘いかどうかは個別の状況による
  3. 初めての利用

    キャシング申込み後に職場への電話なしで審査を通過させる方法があります
  4. その他

    キャッシングの申し込みはスマホ完結が便利
  5. 初めての利用

    消費者金融でキャッシングをした時に返済方法で注意したい3点
PAGE TOP